ペットに関する知識は本だけでは得られない、プラス愛が必要。

ペットに関する知識など今はネットで調べたりすれば色々な知識や情報を得られます。しかし、頭と目で得られる情報だけでは実際に飼うのは難しいでしょう。やはり何よりも大切なのは愛情を持って接する事だと思います。私は3匹の愛犬たちと過ごしました。通算彼らに20年間ぐらい癒されて支えられたと思います。3匹とも家の中で飼いました。しかも大型犬です。これはアメリカに住んでいた時ですから、家も大きかった事もあるでしょう。この犬達のおかげでアメリカ生活を楽しく有意義に過ごせました。色々彼らから学ぶ事も多かったと思います。ある程度の年齢になると、白内症にかかるんだなとか、後ろ足からきかなくなるのかとか、老犬になると徘徊もするんだとか、色々な事が人間と変わらないんだと思いました。愛犬達が病気になったり老犬になった時は愛犬サイトに行き、もっと詳しく知りたい時はその種類の愛犬ブログに行き色々な質問に答えて頂きました。日々の生活では動物に食べられない食物とか人間に危害を与えない様なルールなど。子犬の時にクラスもとらせましたが、やはり家庭内のしつけが一番重要なんだと思いました。教える方にもかなりの忍耐が要ります。しかし必ず覚えます。

動物は飼い主の喜びが動物達の喜びでもある訳です。いかに意思の疎通ができるかです。家飼いのペットは日々飼い主を目で追って見てますからだいたいの事はわかります。後は飼い主がこれは駄目、これは良いと言う事を気長に教えると言う事ですね。日本人はやはりペットの飼い方が甘やかしてしまうだけの場合が多いです。私も含めて言えることです。主人はアメリカ人なのでその辺のメリハリ、教育の仕方はかなり上手でした。我が家の3匹、ワン君達は主人の声のトーン一つで全て言う事をききました。彼らの犬生で手を振り上げられた事は一度もないと思います。

散歩も真夜中に学校の校庭内でのびのびと放し飼いで思いっきり走らせ、雪の日も雨の日も晴天の日も休む事無く自由に走らせてました。良く食べ、良く遊びです。ペットの生き甲斐はこれにつきると思います。その他の病気になった時のペットの知識は獣医さんと相談しながら覚えました。良い獣医さん、病院に巡り会えると言う事も動物を飼う上では大切な事だと思います。ペットに関する知識は愛情を持って接すればその時々で広がって増えて行くと思います。何があっても諦めないでご自分の愛するペットの為に日々お勉強です。

日頃ご愛顧いただいている皆様に、人気の高い犬や猫などの動物達を、特別料金でお譲りさせていただきます。 リードをしっかりつけて事故防止! 犬が粗相をして叱るのは逆効果。 ペットが大好きな個人の方や、お店の方まで欲しい商品が揃っておりますので、いつでも購入ができるのが特徴です。 ペットにおやつの与えすぎは注意! 当サイトはペット用品の通販専門店です。 業務用機器にはアフターサービスも付いてきます。 ペット用品専門店のペットの道具屋さん