電子カルテとは何か概要を説明します

近年大きな病院では電子カルテの使用が一般的となってきました。しかしまだまだ地域の小さな個人病院では電子カルテの普及は完全に広がっているとは言えません。電子カルテとは聞いたことがあるけれど、患者さん側からするとどんなものかわからないという人も多いでしょう。病院で診察を受けると、医師がそれぞれの患者さんの症状や、その症状に対してどのような治療や処置を行うかなどの診療を記録します。こうした診療記録をカルテといいます。数年前までこうしたカルテは紙が主流で、医師が手書きで診療記録を記載していました。このカルテをパソコンなどで操作することができるようにデータで作成されたものを電子カルテといいます。電子化することで情報として一括して管理することができ、編集や加工まで簡単に可能となります。

電子カルテを導入した医療機関が受けられるメリットとは

電子カルテを導入する医療機関は、徐々にですが拡大しつつあります。電子カルテを導入するメリットにはどんなことがあるのでしょうか。まず、カルテを保管しておくスペースを確保しなくてもよくなります。大きな病院ほどカルテ量は膨大なものです。カルテは保存しなければならない期間が決まっており、すぐに破棄することはできません。電子カルテであれはデータなので、カルテの保管場所は必要ありません。また、手書きする必要がないことから間違いが減るうえ、レントゲンなどの画像も一緒に保存しておくことが可能です。よく使う薬の名前などはテンプレートとして登録することや、前の診療記録からコピーして貼り付けることも可能となります。カルテを記載するための時間を大幅に削減することができ、業務の効率化をはかることができるのです。

患者さんからみた電子カルテのメリットとは

電子のカルテの医療側からみたメリットをご説明しましたが、患者さんからみたメリットにはどのようなことがあげられるのでしょうか。カルテを電子化することにより医療機関の業務が効率化できることで、患者さんは診療の待ち時間が減るというメリットが生まれます。また、カルテを電子化することで診療を受ける科をまたいでも患者さんの情報を共有してもらいやすくなります。複数の科を受診していた場合、一括して情報を共有してもらうことで、見つかりづらい病気も早期に発見してもらうことが可能となるのです。また個人クリニックで受診し、大きな病院に移る場合でも、情報を共有しやすくなり、早期に治療を開始してもらうことができます。電子カルテの導入とは、患者さんにとってもメリットは非常に大きなものとなるでしょう。