紙と電子それぞれのカルテの違いとは

日々進歩しているITネットワーク技術により、パソコンやタブレットがより身近なものになり、デジタル端末は様々な場面で活用されるようになっています。もちろん病院での活用も例外ではありません。近年、多くの病院や診療所で電子化されたカルテの導入が進められています。電子化されたカルテという新しいシステムとは、今まで利用されてきたような、多くの人が目にしたことがある紙に記入するタイプのカルテと違いパソコンやタブレットを用いて情報を入力し、データとして保存するタイプのカルテです。紙と同じように患者さんの検査データや経過を保管し、診療に役立てる為に活用します。では、紙のカルテと電子化されたカルテ、どのような違いがあるのでしょう。それぞれのメリットやデメリットを紹介していきます。

電子化すると便利になることとは?

このように今まで使われてきた紙のカルテに代わり導入する医院が増えているカルテの電子化ですが、そのメリットとは何かご紹介します。一つはカルテに端末から入力されたデータがネットワーク上のサーバに保存されますので、ネットワークに繋がった端末からならいつでも、場所を選ばず必要な情報をすぐに検索してアクセス出来ることです。例えば診察時に素早く情報を検索して閲覧出来るだけではなく、各部門間での情報共有が確実に行えますので、検査室など別の場所からでも同じカルテを同時に見られることから、引継ぎをスムーズに進めることが出来るのです。また、データが増えてきても紙のように保管場所が大きくなっていくことは無く、最初に導入したデータサーバと端末のみで運用できるという点が挙げられます。

それぞれの特徴を知って最良な環境を作りましょう

しかし、未だカルテの電子化に対し消極的な姿勢を見せる医療の関係者もいます。具体的には、導入の際にかかるコスト、そして運用上で発生するセキュリティ対策やバックアップ作業を心配されています。その問題を解決に導く手段が、クラウド型のカルテです。クラウドとは、サービスを利用することでデータが院内ではなくインターネットを経由した先のデータサーバに置かれるので、新しくサーバなどの機器を導入する必要がなく、運用管理も簡単なものになります。導入が難しいとお考えの方には、このようなタイプを使うという選択肢もあるのです。紙のカルテにも、ペンさえあれば記入できる手軽さとシステム不具合などが起こらないというメリットはありますが、物理的に一枚であることから、同時に複数人で閲覧が出来ないことや、紛失の心配があります。スムーズな連携や情報の確実な保存の為には、やはりカルテの電子化を進めていくべきなのです。