電子カルテの記事指示作成のコツとポイントとは

今の医療業界において、患者の状況を把握するのに欠かせないものがカルテです。カルテとは医者が患者の状態を記録しておく診察する上で重要なものです。昔は、紙カルテに、医者が直接書き込んで使うのが一般的でした最近。しかし、最近ではICT(情報通信技術)の発達に伴い、電子カルテの導入が総合病院などの大きな病院を中心に広まっています。まだまだ地方の開業医の中には紙カルテを使用しているところも多く、電子カルテの普及率は低いですが、カルテを電子化することによって、情報はパソコン端末に記録され、業務の負担が軽くなるなど効果もあります。では、実際にカルテを電子化するということは、どのような影響があるのでしょうか。また、電子カルテを使用する際のポイントはどのようなものなのか紹介します。

電子カルテ導入の大きな特徴について

実際にカルテを電子化すると、業務にどのような違いが出てくるのでしょうか。例えば、患者のカルテを探すときに、パソコンの検索機能を使用してすぐに探し出すことができます。過去の記録や内容もすぐに閲覧することができますし、レントゲン画像などの記録もすぐに確認することができます。また、ほかにもカルテを電子化することによって、複数の医者がいつでもカルテを見ることができるメリットもあります。紙カルテとは、ほかの誰かが持ち出していると、その間は見ることができなくなってしまいますが、電子カルテにすると、そのような心配はありません。また、これまで一定のスペースが必要だった保管場所もわざわざ確保せずにすみます。このような点から、大規模な病院を中心に電子カルテの導入が進んでいます。

電子カルテを作成する際のポイント

電子カルテを使う際に気を付けることはどのようなことでしょうか。まず、患者の症状を記録していく際には、他の人が見ても分かりやすいように配慮しなければなりません。元々、手書きだと字が読みにくいといったデメリットもありましたが、電子カルテだと文字を入力していくので、そういった不安はなくなるかと思います。しかし、内容が断片的で、他の人が情報収集しにくいものだと、せっかく電子カルテを導入しても患者のためになりません。特に患者が入院する場合は、担当医以外に多くの関係者がカルテを見ることがあるかと思います。その際に、診断名やそれに関する合併症、必要な検査値などを記載して、どのような治療法が用いられているかなど、経過も分かりやすくストーリーを組み立てていくように考えて、作成していくことが重要になってきます。