電子カルテ操作を次のステップに進める使い方とは

電子のカルテを導入する医療機関も増え、その利便性の高さに注目が集まっています。とは言え長年使い慣れてきた紙カルテから電子のカルテへの移行に関して、設備導入や使用方法に不安を抱えている方がいらっしゃるのも現状です。そんな電子のカルテに対するイメージが変わる便利なサービスや機能をご紹介します。そのうちの一つが、パソコンに慣れていない方でも簡単に操作できるテンプレート機能です。定型文が記録できる機能では日頃の診療時の記録でよく使う文書を登録しておくことができます。またカルテテンプレートという機能では、あらかじめ画面に表示されている症状の項目にチェックを入れたり、血圧などの数値のみを入力したりするだけでカルテを簡単に作成できるようになっています。外来や入院時のカルテ作成はもちろん、在宅診療等にも対応する機能を備えている物もあるので、あらゆる規模の医療機関のカルテ作成に対応することが可能です。

電子化されたカルテとはどのような物なのか

電子のカルテ導入にあたり、操作に慣れることに多少の時間を要することはもちろんですが、これまでに来院された患者さんの膨大な紙のカルテからの移行作業を気にかけていらっしゃる方も多いでしょう。そうした作業の手間を省いて効率良くシステムの移行ができる、過去のカルテ内容のコピー機能があります。コピー機能とは、ゼロから書き写す必要がなくコピーするだけでカルテの移行ができる物です。中にはコピー作業もオーダーできる所もあるので、手間を省くことができます。カルテのシステムによっては音声入力が可能な物もあります。使い方もいたって簡単で、マイクで拾った音声がそのまま文字として入力されるので、長文の入力、患者さんとの会話の内容を記録しておきたい時などにも便利です。ほかにもタッチパネルやタッチペンを使った手書き入力対応の物もあり、音声入力と異なり誤入力の心配もないので、パソコン操作が苦手な方にもおすすめです。

カルテを電子化することのメリットとは

導入時には費用やセキュリティ対策が必要ですが、その分メリットも大きいと言えます。誰が見ても読みやすいカルテを作成できて、検索機能を活用するとカルテを探す手間も省くことができます。診療履歴や内容の迅速な確認が可能で、会計処理や患者さんの待ち時間短縮にも繋がります。ネットワークを活用すると、病院以外の場所からカルテを確認できて、在宅診療や遠隔での診療時にも活用されています。また他の医療機関などとデータ共有も可能で、費用の適正化、薬の処方や検査の重複防止ができるなど導入するメリットは大きいと言えます。紙カルテは管理やスペースの確保も課題の一つですが、電子化することで紛失防止、蓄積されたデータをもとにした疾病に対する分析も可能となります。カルテの電子化によって得られるメリットとはどのような物かを知ることで、導入に際しての不安を取り除くことができます。